医療に関する国家資格を一覧でチェック・比較をしてみる

仕事の内容に応じて目標を定める

色んな職種がありますが、高い技術や多くの知識を要するものであれば国家資格が必要な場合もあります。取得するにはそれに応じた学校に通い、試験に合格しなければなりません。どの資格を取得するか決めていくことは大きな決断になります。まずはこれらの資格一覧をチェックし、それぞれの情報を把握していくことで自分の適性について見つけていくことができます。

資格選びでチェックしたいこと

どのような仕事内容であるか

希望している仕事は何なのか把握することによって、自然に取得したい資格は分かってきます。なお仕事内容は職場によって微妙な違いがあるため、実際に現場で働いている人の体験談を元にすることでより詳しく理解ができます。

学習に必要な年数はどれくらい?

国家資格の取得を目指すとなれば、どれくらいの学習期間が必要であるか把握することも重要です。理学療法士であれば4年制を導入している所がほとんどであり、このような長い期間に渡って学び続けられるかどうか考えながら結論を出していくことが求められます。

複数の資格取得も視野に入れてみる

専門学校や大学によっては国家資格以外にも様々な資格取得ができるところもあります。看護大学であれば看護師の国家資格以外にも保健師や助産師などの医療関連の国家試験の受験資格を与えてもらうこともできるため、選択肢を広げておきたい場合に安心です。

まずは学校のことから知ってみる

国家資格取得にはかなりの勉強量が必要になってきますが、学校の環境によってモチベーションが中々高まらなければ夢に近づくことは難しくなってしまいます。全国には様々な学校があるので、国家資格の合格率などを把握し複数の候補を挙げていくことが大切になってきます。

医療に関する国家資格を一覧でチェック・比較をしてみる

女性

進学相談会に参加して情報収集

医療関係の国家資格は、一覧で見る通り多くの種類があります。そこで目標を定めることにためらってしまう人もいるでしょう。収集した情報に物足りなさを感じるのであれば進学相談会に参加してみて専門のスタッフに話を聞いてみるのも良い方法です。抱えている悩みや疑問に応じた答えを得ることができます。

受験対策の計画は重要

通いたい学校を決めただけでは国家資格の合格にしっかり近づけられるとはいえません。長い年月を通して多くの勉強量をこなし、合格ラインをしっかり超えるためにも受験までの計画をしっかり立てていくことが大切です。また、受験対策に応じたセミナーやイベントも各地域で開催されていることがあるため、そこで計画を立てるためのヒントが得られるでしょう。

イベントによっては特典が貰える

国家資格の一覧を見てみて、より深く知るために進学相談会などのイベントに参加することでしょう。イベントによっては複数の学校の情報をまとめたガイドを配布してくれるところもあります。なお、数が限られている場合もあり、参加を希望している場合は確認をしておくことが大切です。特典も上手く利用することで学校選びが円滑になります。

模試を受けて自分の力をチェック

ネットでは国家資格の一覧が紹介されており、そこから受けてみたい資格を見つけられたら、受験対策へ意識を傾けていくでしょう。そこで重視されるのが模試です。国家試験の出題傾向を把握し、それに応じた問題を出してくれるので自分の現在のレベルについて詳しく把握ができます。それにより、残りの受験対策の期間のスケジュールを見直すきっかけも得られます。

学校選びで悩んでいる人の体験談

色んな人の話を聞いて決定しました

将来は国家資格を活かした仕事に就きたいと思っていましたが、どの職種が良いか中々答えを出すことができませんでした。説明会やその分野に詳しい人の話を聞きながら、自分の適性について考えることで進路選びの失敗を防ぐことができたと思います。

通いやすい学校を見つけたい

国家資格ってなるとかなりハードルが高いイメージがあって、正直怖気づいていました。通いやすいと評判の学校はどれか最近ではネットでも簡単に知ることができたので、自分にあったきちんとした進路に進めそうです。

対策はどうなのか?そこに重視

国家資格がとれる学校って行っても、対策が自分に合わなかったら嫌だなぁと思って迷いがありました。だから、学校一覧だけでなく、パンフレットも取り寄せてみて学習内容や合格率など細かく調べていくことにしたんです。結果、良い学校を見つけられたので、こういう情報収集ってすごく大事だとわかりました。

広告募集中