国家資格取得を目指して目標に沿った理学療法士の学校を探す

資格取得のためにやるべきことは多い

理学療法士になるために必要な国家資格ですが、学校で用意されたカリキュラムを終了することが重視されます。多くの知識や技術が必要になってくるため、しっかり学べるところを見つけることが肝心です。合格実績などを参考にしておくことも大切でしょう。

どのような分野が学べるか

  • 筋触察
  • MTA
  • 義肢学
  • リハビリ
  • ADL
  • スポーツ整体
  • 福祉

国家資格取得を目指して目標に沿った理学療法士の学校を探す

男の人

まずは見学に参加することが大事

理学療法士の専門学校は4年制を取っているところがほとんどであり、長く通うことになります。そのため、情報収集が足りないまま入学すると、思ったようなところでなかったという場合もあります。後悔しないためにも様々な学校の見学に参加し、取り組みや学校の雰囲気について知っていくことが大切でしょう。また、国家資格取得が最終目標であるため、どのように学習を進めていくかどうか話しを聞いておくことも必要です。卒業後を視野に考えた学校選びを意識することでしっかりと成長することが期待できます。

施術

実習の時間をしっかり確保してくれる学校

理学療法士の学校によって確保する実習時間に差があります。また、実習の内容や質によって定着度は変わってくるでしょう。細やかな指導をしてくれる学校であれば国家資格の高いハードルも乗り越えることができます。なお、実習ばかりに偏らず試験対策にも注力していることも絶対条件です。学校によっては分野ごとに集中的に過去問の対策をしているところもあり、苦手な項目を残さず克服できるようにサポートをしてもらえます。年次によってそれらの内容も変わってくるため、比較のうえで注目しておきたいポイントです。

学校の情報を集める方法は様々

オープンキャンパス

理学療法士の学校では雰囲気を伝えるためにオープンキャンパスを開催しているところもあります。実際に足を運んでみることで、イメージとのギャップがないか確認することができるでしょう。また、週末に開催されているところがほとんどですが、平日の授業の見学にも対応しているところもあり、普段の雰囲気を知りたいときに適しています。

パンフレットを請求する

オープンキャンパスの他に、パンフレット請求によって情報を集めるという方法もあります。複数の学校が提供しており、年度ごとの取り組みについて知るには最適な方法です。もちろん無料であるため、気軽に利用ができる情報収集の手段です。

広告募集中