心理学として活躍できる現場を知って最適な資格を取ってみよう

資格に応じた学校選び

心理学といっても臨床心理士やメンタル心理カウンセラーなど色んな種類があります。資格を取得するにあたってそれぞれの特徴を把握することから始まるでしょう。また、希望の資格に応じた学校選びも必要になってきます。

心理士にも色んな種類がある

  • 臨床心理士
  • 臨床発達心理士
  • 学校心理士
  • メンタル心理カウンセラー
  • 産業カウンセラー
  • 精神保健福祉士
  • 教育カウンセラー
  • 認定心理士
  • 家族相談士
  • 交流分析士

心理学として活躍できる現場を知って最適な資格を取ってみよう

レディ

活躍できる場は様々

心理学の資格を取得することによってカウンセラーとして様々な場所で活躍することができます。学校や企業など対応している施設は様々であり、そこに属している生徒や従業員のケアをしていきます。週に数回くらいの出勤であることがほとんどであり、複数の施設を掛け持ちしているカウンセラーもいるといわれています。

通信講座を通して学ぶことが可能

すでに社会に出て働いているため、専門学校に通って学ぶということが難しいという人も少なくありません。心理学の資格が取得できる学校によっては通信講座を用意しているところもあります。自宅で学習に取り組むことができ、着実に取得に繋げていくことができます。その際には教材が必要になりますが、教材によって学びやすさは変わってくるため、比較をして選んでおくことが重要です。

自分のメンタルケアにも役立つ

心理学は人の考えに特化した分野であるため、学習を通して自分の心と向き合うこともできます。また、患者に対してストレスの対処法についてアドバイスを送るための知識であることから、自身のストレスをどうやって対処するか先ず考えておくことは心理士を目指すにあたって重視しておきたい要素です。

講座を選ぶにあたって知っておくこと

学習期間

心理学の資格が取得できる講座は様々ですが、コースによって学習期間に差があります。長いほどじっくり学ぶことができ、資格取得のハードルを下げていくこともできますが、3ヶ月といった短期間のコースもあるので、手っ取り早く学んで取得したいという人に適しています。

受講料

通学や通信講座など学び方によって受講料に違いがあります。なお、一括で支払うことが難しいという場合はローンを組むこともできます。なお、期間限定で割り引きをしてくれる学校もあるため、お得に学び始めたいという場合に注目しておきたいところでしょう。

興味にあったカリキュラムであるか

心理学の資格には色んな種類があり、当然学ぶ内容にも違いがあります。興味に沿った分野やカリキュラムを選ぶことで学ぶ意欲を保つことができ、合格へしっかり近づくことができます。最近ではペットロスやメールカウンセリングなど悩みや相談方法を絞った講座も注目されています。

広告募集中